シノイズム

考察,実業論,アイティー,ライフハック

ついに全国発売!話題の加熱式タバコ 『glo(グロー)』をヘビースモーカーが試してみた結果...


f:id:shinosts:20171101205623j:plain

加熱式タバコの新提案、『glo(グロー)』の実力やいかに?

 

喫煙に厳しい今の社会風潮では怒られそうだが、筆者、タバコ大好きです。

大好きっこちゃんです。(もちろんマナーは守っていますよ!)

とはいえ、このご時世です。

なんとか妥協点を探す努力はしてしかるべき。

吸っていい場所で吸うことと、吸っていい場所で吸わない人を尊重しないことはイコールではないし、とくに子供や妊婦さんはどんな状況でも配慮するべきですね。

喫煙可であっても場所や状況によっては以前紹介した 無煙タバコ『ZERO STYLE STIX(ゼロスタイル スティックス)』でできるだけ我慢しているものの、やはり完全には煙から脱却はできない。

 

 

と、絶望していた矢先...

以前から興味のあった加熱式タバコ 『glo(グロー)』が全国発売になったではないですか!

 


 


 

 

大阪梅田にある直営ショップ 『gloストア梅田』にて早速購入しました。

gloストア

www.discoverglo.jp

 

価格は4,980円。

購入には身分証明書と登録が必要です。

一人複数台購入可能ですが、修理交換などは登録した購入者が行う必要があります。

 

加熱式たばこ glo(グロー)の各写真

ブラックを購入。なんとなくAppleっぽい?(写真は鏡面っぽく写ってしまいましたが実際はもっとマットな感じです)

f:id:shinosts:20171101213950j:plain

 

カバーをスライドしてタバコ(NEO STIKSと呼ぶ)を挿入します。

f:id:shinosts:20171101214316j:plain

 

裏側。蓋を開けて掃除ができるようになっています。

充電は本体側差し込みは一般的なスマートフォンの充電ケーブルと同じ『A-TYPE』仕様で、供給はUSB、コンセント両方に対応しています。

f:id:shinosts:20171101215017j:plain

 

充電ケーブル。

f:id:shinosts:20171101215119j:plain

 

充電ケーブルと掃除用ブラシ一式。

ちなみに、アイコスのようにタバコ葉が落ちることも詰まることもないのでメンテナンスは超ラクチンです。一箱吸ったぐらいでブラシシャコシャコすればOK。

f:id:shinosts:20171101215230j:plain

 

glo専用のタバコ『NEO STIKS(ネオスティックス)』。

フレーバーは筆者愛用のリッチ・タバコ(深みのレギュラー)他、メンソールが弱~強まで4種類の全5種類。

価格は420円とちょっと安め。コンビニなどでも購入可能。

f:id:shinosts:20171101215509j:plain

 

光っている丸いボタンで起動や終了、設定などの動作の他、喫煙準備完了や終了の目安を教えてくれる。また、glo独自の機能としてそれらをバイブでも通知してくれるのが地味に便利だ。

表面はアルミ素材で質感も良く、持ちやすさもグッド。

f:id:shinosts:20171101215936j:plain

 

加熱式タバコ、『glo(グロー)』の特徴の列挙

・有害成分95%カット

・タールが出ない

・煙はグリセリンが蒸発した水蒸気

・喫煙時間は3分程度

・終了しても再度電源入れれば連続して喫煙可能

・温度は220℃前後(アイコスは240℃~300℃)

・アイコスのように葉を加熱せず、巻紙の外からの加熱

・葉が落ちず、詰まらない

・メンテが楽で故障も少ない

・バッテリー一体型でかさばらない

 

実際にgloを吸った感想

まず、一番に思ったのが

おいしい!

でした。

単純に味と香りが好きです。なんというか、コーヒー豆?大豆?のような味と香りで味わい深く、リラックスします。

アイコスは無理だったんですけどね、gloは水蒸気もほとんどにおいがしません。(とは言え、吸わない人は敏感に感じるでしょうけど)

 

喉へのキック(吸ってる感)もけっこうあるので普通に満足ですね。

 

ということで、

初日から乗り換え成功しました。

 

もちろん紙巻きたばこは美味いんです。飲んだら吸いたくなります正直。

でも、これで満足できるならきっぱりと乗り換えた方が自分のためですし世の中のためですね。(あくまでもやめる気はないのが前提)

 

ただ、ずっとglo吸ってて久しぶりに紙巻き吸ってみると焚火の匂いがするのと、吸うとクラクラと眩暈(めまい)がしますね...。なので3週間目の今では紙巻きは全く吸っていません。

 

吸わない人はずっと焚火臭かったのだろうか?それとも他の感じ方なのだろうか?いずれにせよ、こんなクラクラするということはやはり体に良くないものを吸わせていたんだなと反省。

 

正直スマンかった。

 

あと感じたのは、口の中が常にスッキリしているのと、ふいに自分の口から香るムワっとした匂いがなくなったことですかね。どれもタール由来のものだと思うけど、気分的に爽やかです。

 

gloのデメリット

は、正直ないですね。

少なくとも、紙巻きたばこから移行する場合は健康上のデメリットはありません。

吸わない人への被害という面でも紙巻きよりは断然軽減できるかと思います。

 

あ、一つだけありました!

吸ってる姿が『紙パックジュースを飲んでいるように見える』

 

glo吸いながらカッコつけて女の子口説いても様になりませんので注意が必要です。

 

言っておきたいこと

有害成分95%削減はあくまでメーカー発表ですし、5%は有害であることには変わりがありません。

なので、吸わない人への配慮が引き続き必要なのは変わらないので、加熱式タバコを楽しんでいる方は

 

「だからいいだろう」

ではなく、

 

「加熱式で我慢するから隅っこでいいので吸わせてm(__)m」

という気持ちで嗜みましょう。

 

軽減されているのは95%分の罪悪感であってタバコ嫌いな人からすれば嫌悪感は100%だと思いますしね...。

 

最後に

最後にこれだけは言っておきたい。

 

ぶっちゃけ1本で2回吸えます!

 

もちろんキック(喉への刺激)は微弱になるけど、ニコチン摂取と煙感は2回目でも感じられるので、チェーンスモークする時は刺したまままた電源入れれば節約できますよ☆

 

貧乏性からは以上です。

ShiNO STS@LifeEffect (@shino_net) | Twitter

Copyright © 2017 ShiNOiSM All rights reserved.