読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シノイズム

考察,実業論,アイティー,ライフハック

検索流入を意識するなら身内向け記事はやめるべき、かも?【連載③】

f:id:shinosts:20170510172439p:plain

Googleの検索基準変更と基本SEOについてうだうだと書いている連載第3段。

今回は主に僕もお世話になっている『はてなブログ』向けの記事になりますのではなてブロガーのみなさんは覚悟して読むようにしてくださいフフフ...(嘘ですゴメンナサイ)

 

連載記事①②はこちら

 


 

 

ブログはSNSにあらず!不特定多数へ向けた記事に徹するべし

です。

「はてなブロガーさん向けです(キリィ!)」とか公言しておいてなんなんですが。

 

もちろん、仲間感が楽しくて書かれているなら全然いいと思うんですけど、あくまでも検索流入を意識したブログの場合は、これはやめた方がいいかもね、と。

今回はなんでこんなに語尾が曖昧なのかと言うとですね。

中には身内向け、身内ウケの記事にも関わらずしっかり検索を意識して書かれている記事も見受けられるからです。

ですので、全部が全部やめた方がいいとは書けないのですが、そういう記事は僕が見る限りではほんの一握りですので、参考までにということで書かせていただきます押忍。

 

ブログはブログ、SNSはSNSの役割りを明確にする

はてなブログ。

確かにSNSの要素ありますよね。はてブやコメント、読者登録などで他のブロガーさんやはてなアカウントとの交流が盛んに行われているイメージがあります。

その交流が基本PVに反映もされやすいので全然いいと思うのですが、その囲いの中だけで完結する記事はSEO的にはいいとは言えません。

 

感謝記事、お礼記事の弊害

読者や絡みのあるはてなブロガーさんへ向けた「いつも読んでくれてありがとう記事」などは、その記事で言及もしくは対象とされた人以外には価値のない記事となってしまう場合が多いかと思います。

 

連載①②でも言及してきましたが、コンテンツSEOが重視される時代においてはこういった記事はブログ自体の評価の低下にも繋がります。

PVを上げたい、維持したい気持ちはわかるけど、そのためにはてなの仲間へ向けた記事を書いて肝心の検索流入に悪影響出してたら本末転倒ですよね。

 

SNSでやれることはブログに持ち込まない

先述したように、はてなはSNS的要素がありますよね。しかしそれは『ブログ記事の周辺機能』として割り切った方がいいです。

コメント、スター、はてなブックマークなどで交流や意思表示を行えるのでその枠組の中で留めればいいかと。

また、TwitterやFacebook、Google+など、もっと便利な外部SNSがあるのでそういう身内向けの発信はそれらで行う方がより交流の幅が広がっていいのではないかと思います。

 

ブロガーなら記事内容で勝負しようぜ!

はてな内であれ、検索であれ、『Googleの理念と基準に則した価値のある記事』を積み重ねれば必ず評価されます。時間はかかりますが、例えば10年単位で考えた場合、トータルPV、トータル収益は目先の数字を追いかけたブログよりも大きくなるでしょう。これは断言できます。

 

自分の感覚にこだわる大切さ

僕はいいと思った記事にしかスターをつけないしブクマもしません。シェアもしません。よほど響いた記事じゃないとコメントしません。

読みたい記事が多いブログならとりあえず読者登録はしますし、そうでない記事が続いたら解除します。

Twitterなどではその分、カジュアルにフォローはします。情報の入口は広いほうがいいので。

 

相互に支え合える仲間を増やすために読者登録をしまくることは簡単ですし正直誘惑もあります。が、それでいいのだろうか?という疑問がいつも側にあります。

読者からのPVというのはもちろんバカにできないけど、あくまでも記事で勝負したい。良くも悪くも興味を持ってもらった上で読者登録してほしいし、はてブしてほしい。

逆も然りで、自分の感覚で他者を評価したいのです。『自分の利益という下心のために評価したフリをしたくない』のです。

 

だからはてなであまり人気出ないのかな!w

 

でも、これがこだわりですし、時間はかかったけど堅実に評価を得られています。はてブがつこうがつくまいがそうやって作り上げた地盤は強固です。

 

はてなブログは多分手動でも見ている

大半はアルゴリズムによって新着やおすすめに表示されるとは思いますが、Twitterなどはもしかしたら直接的にシェアしているんじゃないだろうか、と思うことがしばしばあります。

手動にしろアルゴリズムにしろ、はてなブログはブロガーを誠実にサポートし応援してくれていると感じます。

ので、もちろん投稿するタイミングや運にもよるけど基本的には『価値のある記事を粛々と書く』というスタンスでいいのではないかと。

心配しなくても、良いブログはなんらかの形で評価されたくさんの人に読んでもらえる媒体に成長するはずです。

 

な上で、はてなでもしっかり地盤を築けばいい

結果論ですが、優先順位の問題でもありますね。

どうしてもとっかかりとしてはてなでの繋がりやはてブでPVを増やそうとしてしまいがち。でも、それは最後でいいのです。

頭から湯気出しながら捻り出した渾身の記事を書いて尚、時間が余ればそういう地盤がための活動も広げていけばいい。

やっぱり身内向け記事は推奨しないけど、他ブログさんとの交流ははてなの楽しい要素でもあるし色んなヒントや勉強にもなりますからね。

 

最後に

何度も言いますが、これは検索流入を意識しているブログさんへ向けた話です。なので、ある程度シビアに書いています。

わざわざ敵を増やしそうな書き方せずに優しい記事、好感度の高い記事を書くのは簡単ですが、僕は僕でこれでも応援の気持ちがいっぱいあるのです。いやほんとに。

 

装うよりも、こだわりや狙いを優先する。

 

これも、物書きにとって必要なことだと思っています。

 

 

次回のテーマは『ブログは積み重ねの資産である』

 

-関連記事-

 

読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

よければフォローや読者登録などよろしくお願いいたす!

Copyright © 2017 ShiNOiSM All rights reserved.