読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シノイズム

考察,実業論,アイティー,ライフハック

【はてなブログ】コメント欄を設置しない方がいいと思ういくつかの理由

当コトノハノマイではコメント欄を設置していません。その理由は明確にあります。逆に、コメント欄を公開することに特に明確な理由がなくなんとなく設置している、という方はよければ参考にしてみてください。

 

コメントは"はてブ"でいただきたい!

はてなブロガーさんならご存知の通り、はてなで書くメリットの一つははてなブックマークにあります。はてブの数により新着エントリーやおすすめに入ることでよりたくさんの方にエントリを読んでもらうことができますよね。

ブログというものは記事に賛否が寄せられて当然なのですが、思うところがあってどうしても記事に対しての意見を寄せたい場合、コメント欄があればそこに長々と書かれちゃうじゃないですか。書く場所がはてブコメだけしかなかったら、はてブした上で要約して書いてもらえます。

時間ロスと余計なストレスの軽減

コメント欄だと言いたいこと全部書けちゃうじゃないですか?あ、それは賛否どちらのコメントもです。

筆者の場合、丁寧に書かれていたら丁寧に返信しちゃうんですよね。「ちゃうねん!そういうことちゃうねん!」って内容にも全力で書いてしまいます。もちろん否定的な意見を長々書かれたら、橋にも棒にもかからないよりはリアクションいただけるのはありがたいことなんだけど、やっぱりテンション下がります人間だもの。

それならいっそコメント欄などない方がすっきりしますし、はてブコメだけなら返信もできない(実際はメンションなどでできるが不便極まりない)ので諦めもつくってもんです。読んだよって印にせいぜいスターつけるぐらいですみます。ストレスレス。

多少は責任のある立ち位置からリアクションをもらえる

はてなではブックマークしか使っていない方も大勢おられます。プロフィールやアイコンも無しなんて方も大勢おられますよね。

はてブコメで何を言おうがなんの不利益もない立ち位置です。ですが、所詮はてブコメなんかでは字数的に大した内容書けません。

では、もっと記事に言及したい場合はどうするのかと言うとSNSで共有して言及いただく場合が多くなります。TwitterやFacebookですね。

SNSのアカウントはその性質上、運用にはある程度のリテラシーが求められます。少なくとも、Facebook上で人格を疑われるような罵詈雑言は書きにくい傾向にありますよね。SNSは自身の運用責任や人格、立ち位置や社会性などと多少なりとも紐付けられますので。(そうでないアカウントも山程あるけどw)

また、それらSNSで寄せられた有意義なご意見に対してこちらも同じSNS内において返信することができるので、より濃密な議論や関係性を構築することが可能です。実際、それで何人もフレンドになって良いお付き合いさせていただいています。

リアクションをSNSに持っていくことで拡散性とリピート率を上げる

上記の続きになりますが、コメントやリアクションをSNSに持っていくことで拡散性が高まります。SNSでのシェアからのアクセスは当然侮れません。また、シェアでコメントいただくことでその方のフレンドからフォローいただいたり、フレンド申請いただいたりすることで自分のアカウントでの更新通知からリピートしてもらえます。

これは自分の感覚でしかありませんが、ただシェアだけをしてもらうよりもコメント(賛否問わず)ありきでシェアいただいた時の方が拡散性は断然高いです。なので僕は誰からも好かれるような記事ではなく、賛否ありきで色んな人と一緒に考えていけるセンシティブな記事を書くことが多いです。

エントリのスペース的な尺が長くなる

記事終わり以降のスペースって大事です。いわゆるフッタ部分は別記事やSNS、PRなどの動線部分になりますよね。ですがコメント欄を設置するとコメントの数だけその導線へのスクロールが長くなってしまいます。とくにスマホだと大変です。これは離脱に繋がる大きな要因になります。

 

あ、こんなもんかな。

これらはただの「僕はこう思う」に過ぎませんが、せっかく時間と魂を込めて書いたエントリを少しでも有益に運用したい。それだけです。

読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m少しでも参考になれば幸いです。賛否問わずシェアやはてブなどいただけますとうれしょんします。今後もどうぞご贔屓に!

フォロー、読者登録などもよろしくおなしゃす。

 

Copyright © 2017 ShiNOiSM All rights reserved.