読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シノイズム

考察,実業論,アイティー,ライフハック

【無能】世界最高の情報機関 CIAの超極秘情報が一般人にダダ漏れな件!【ISIS】

http://citizenagenda.com/wp-content/uploads/2014/01/CIA_WALLPAPER-480x360.jpg

画像出典(エンベッド)http://citizenagenda.com/

 

ISISを作ったのはCIA?

えらいこっちゃ...
映画でも大活躍!正義のアメリカ、アメリカは正義!のアメリカ様が...
そしてそのアメリカの世界最高峰の情報機関、あのCIAが...
実は悪の組織だったなんて...!!!
 

 

 (●´σ‥`)ホジホジ
 
 
あ、すみません。鼻ほじってました。
 
 
今だにISISがアメリカの陰謀だとドヤ顔してる人がいてワロタ。ありましたね、CIAが作って裏で操ってるって話(笑)これが本当なら世界最高峰の情報機関のトップシークレットとも言える情報が一般人に知られてしまったってことでしょ?CIA無能すぎぃぃいい!(笑)
 
最近では
 
「ISISにアメリカの特殊部隊のタトゥーを入れた人間が混じっていた!これがアメリカとISISの関係性の証拠だ!」
 
って画像と記事が出回りました。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/016/144660406126537741177_fr.png

画像出店(エンベッド)http://richardkoshimizu.at.webry.info/

 
しかしイギリスの新聞社の記事によると...

https://s3.amazonaws.com/medeq/files/uploads/2014/09/iraq-isis-black-telegraph.jpg

ガセ
 
だとして、新聞社が所有していた元画像を公開しました。本文では、
 
「Twitterを中心に出回って多くの人が騙されています。ISISを正当化しアメリカを陥れる不正なガセ画像を誰かが流しました。これからもこのような偽情報が出回ると思いますが騙されないようにしてください」(大体の要約)
 
とあります。
 
まあ、Photoshopでいくらでも加工はできるわけなので、タトゥーを足したのかそれとも消したのかは分析の専門家でもない限り誰が嘘をついているのかはわかりませんが、人間というのは信じているもの、信じたいものに都合の良い情報を盲目的に信じるものです。だから詐欺はなくならない。
この画像も、アメリカ陰謀論を信じている人たちがアホ丸出しで飛びついて拡散し、アメリカ陰謀説のとてもいい立証(笑)と味付けのスパイスになったわけですが。
 
 
冷静に考えてみてください。
 
 
アメリカもCIAも、ISISも。
 
そんな間抜けなわけないでしょう。
 
どれもこれだけの大組織です。当然我々など足元にも及ばないような非常に頭の良い人がたくさんいて、計画、行動、情報、全て綿密に管理され、マネジメント、ブランディング、マーケティングまでしっかりとされているはずです。なのに...
 
 
アメリカ特殊部隊のタトゥーを入れているのに
 
半袖を着て
 
カメラ目線で
 
写真を撮らせて
 
SNSにアップして
 
対処もしない
 
 
すき家でお箸全部舐めまわしたり冷蔵庫に入ってTwitterに投稿する人たちと同じレベル...
 
 
って、んなわけねーだろwww
 
 
って普通はまず疑うもんです。
 

ISISって結局なんなの?アメリカとの関係は?

 
ISISはそもそもカリフ制の復活を掲げ、同イスラム諸国派閥や欧米との宗教思想や価値観の対立から生み出されたものであり、領土的な勝ち負けではなく、思想の自由化や世界への理念定着を目的としています。いわゆる近年のテロ行為だけでは語れないほど根深い。
根深いと言いつつ、要は「イスラム教でも異端な俺たちカッケー!列強諸国に対抗する俺たち強ぇー!」が行動原理になっている気がしないわけでもないですが。
.
ただ、世界の仕組み、という観点で見ると、アメリカは関わっているとは思います。
アメリカというか、日本を含めた世界主要国ですよね。
 
アメリカは中東の民主化という”名目”でアサド政権と対立する立場ですよね?
反アサド政権はアルカイダやアルカイダをルーツとするISISですよね。
 
では、テロ、シリア空爆などの一連の出来事は一体なんなのでしょうか?
 
要するに、中東民主化によって原油市場価格の安定と利権を目論むアメリカが政権支持のシーア派と反政権のスンニ派の対立を利用した代理戦争、ということです。
テロをも大義名分として利用し、世界を巻き込んだ一大事件に仕立てあげたという点では確かにアメリカの陰謀と言えなくもないですが、一括りに「ISISはアメリカの陰謀で作られた」と言うのは安易すぎるのではないでしょうか。
例えば陰謀や裏取引があったとして、それはISISの上層部とのなんらかの取引や駆け引きは考えられますが、ISIS全体がCIAに作られただのアメリカが操作しているだのというのはオカルトの域です。どちらかというと、ISIS全体の行動原理や思想を利用し、ISISの上層部やアメリカを含む反アサド政権各国でプロレスをやっている、という見方がまだ自然ではないでしょうか。
もちろん、犠牲になるのは一般の罪もない市民ですが。
 
ちなみにロシアは原油に関してアサド政権と癒着があるので打倒ISIS、
トルコは反アサドで裏ではロシアと対立関係にあるわけです。ロシアとトルコ、最近の事件は記憶に新しいかと思います。
 

資金的援助はアメリカがしている? 

 
ISISの資金的援助はアメリカがしている!そうでないとISISの資金力の説明がつかない!なんて話もありますが、単純に原油の闇取引でしょう。かなりの額になっていると思います。まわりまわってマネロンされて世界各国がその原油を買っているわけですから、資金援助というなら我々日本人含めた世界中の人間が資金援助していることになるのではないでしょうかね?
.
 
どちらにしても、ISISそのものは「CIAが作ったテロ組織」ではないし「アメリカが裏で操っている」わけではないと思います。
そもそもそれが本当だとして、それを我々一般人が知っているなら情報機関としての看板は下げた方がいいでしょう(笑)
 
実際にそういう思想の集合体であり、自発的に思想に共感し、テロ行為を企てる者もいるのです。
世界は我々が考えているより複雑で、残酷で、薄汚くて、ややこしいんですよ。
 
アメリカにとって、中東は開拓市場であり、ISISはビジネスパートナー。
我々はその恩恵を受けている消費者。
 
全て全ては金の話です。
 
 
なーーーーーんて、僕が考えられる程度のこの記事も鵜呑みになんてしないでくださいね。専門家でもなければ政治学者でも元CIA職員でもないんですから。
 

 

 

▼よければこちらも合わせどうぞ▼

読んでいただきありがとうございました。よければシェア、読者登録などいただくと半笑いで喜びます。

Copyright © 2017 ShiNOiSM All rights reserved.