読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シノイズム

考察,実業論,アイティー,ライフハック

【Mステ】ミュージックステーション10時間特番 ウルトラFES 30th を観て感じた日本の音楽




本日、お昼の12時からやってますよね、Mステ。

www.tv-asahi.co.jp

 

過去のヒット曲ってことで、流し聴きしながら「なつかしーなー」とか「あ、これ良い曲だよなー」とか思いながら口ずさんだりしたりなんかして。

ほとんどの曲を知っているわけなんだけど、「なぜ覚えているのかな?」ってちょっと不思議に思ったんですよね。好きでもない曲すら歌えてしまう。嫌いな曲で自主的に聴いたことも歌ったこともない曲ですらだいたい歌える。

でも、いつの頃からかの音楽は一つも覚えていない。色んなメディアや街中で聴こえてくる機会は昔と変わらないはずなのに、むしろスマホやなんやの普及で音楽と接する機会はずっと多いはずなのに、なんでサビすら一つも覚えていないのだろう?

考えていると、「あ、なるほど」って思いました。

 

 

 

もちろん青春補正というか、当時の懐かしさ込みで「やっぱりいいなぁー」って感じるのは間違いなくあると思います。

ですが、その時代と今の時代の音楽で絶対的に違うものがあります。それは、

 

日本人のグルーヴと歌心。

 

筆者は現在39歳なので、おっさんっちゃおっさんです。むしろおっさんですよね。

まあ、おっさんです。

ですが、仕事柄、音楽に疎いわけでもついていけなくなっているわけでもありません。今だって密かにサウンドの追求は行っているしむしろ自分が得意とするジャンルはクラブロックやループミュージックなど、現代の音楽に多様されている基本部分です。

 

だけど、やっぱり全然響かないんですよね、この10年。

 

今日、Mステ観ていて、今の日本の音楽には日本人のグルーヴと歌心がないから響かないんだ(自分には)と思ったきっかけには、つい先日、外国人JAZZバンドの圧倒的な演奏を聴いた時の音や興奮がまだ残っているからってのもあります。

f:id:shinosts:20150923191124j:plain

f:id:shinosts:20150923191131j:plain

f:id:shinosts:20150923191141j:plain

f:id:shinosts:20150923191151j:plain

 

もうね、圧倒的なんです。技術ももちろんですが、演奏も歌もグルーヴが圧倒的に違う。

特に黒人が出す音やグルーヴは自分がどんなに技術を磨いたところで超えられないを感じます。これは昔から感じていたこと。

 

今の日本の音楽が自分になぜ響かないのか?僕はこう思いました。

 

模倣しただけの使い捨ての劣化音楽だからだと。

 

海外のR&Bやヒップホップ、ロックの影響を多大に受けているのはいいとして。

それを「取り入れる」のと、「模倣して日本語で歌うだけ」なのとは違うんですよね。

 

日本人には日本人のDNAに気持ち良く馴染むリズム感やグルーヴ、歌心ってのがあると思います。

 

今でも覚えている音楽って、海外の音楽を取り入れながらも、メロディーやグルーヴは日本的で、歌詞は表現力豊かな日本語を大事にした曲が多いんです。

それは、ある意味日本独自の音楽として完成されたものだったように思います。

例えば一時代を築いた小室哲哉氏の音楽、実に日本的です。だからこそあそこまでのブームを引き起こしたのだと思うし、未だに色褪せない曲も多いですよね。あれも、日本の音楽としてひとつの完成形だったように思います。

 

現在の音楽が響かないのは、きっと進化ではなく模倣でしかないからでしょうね。

音楽を生業とし、目の前で数々の本物を見てきた自分には、模倣に過ぎない偽物がそれを超えることはないですから。極論、それなら洋楽を聴けばいいってことになってしまう。

 

誤解のないように言っておくと、筆者はべつに洋楽マンセーではありません。むしろほとんど聴きません。だって何言ってるかわからないんだもん(笑)能動的に聴くのはLinkin Parkとかラウル・ミドンとかマイケル・ジャクソンぐらいかな?(笑)

どちらかというと海外のミュージシャンの演奏は目の前でJAZZやブルースなどに触れることが多いし、好きです。

 

もちろんこれは筆者の主観的な感じ方ですので、今の音楽が大好きな人、合う人もいることは否定しません。あくまでも自分には響かないし記憶にも残らないというだけですが、同じだけ筆者に共感してくれる方も多いのかな?とも思います。

 

はっきり言って衰退の一途を辿っている日本の音楽産業、こういう部分にも原因があるのかな?と考えたりします。

だったら当時の「日本独自な音楽をやっている人達が今、受け入れられているのか?その人達が曲を出せば音楽産業は復活するのか?」と言われればそうでもないのが難しいところですが、一つは、需要が変えられてしまった、とも言えると思います。

なんと言えば正しいのかな...

 

「聴き込む音楽より、聴き流す音楽」

 

ノリ、わかり易さ、そんなものを基準にし優先した結果、消費されて使い捨てられるだけの音楽が増えてしまって、みんなそれに慣れてしまったのかな?それとも、求めたのかな?

 

なんてことを考えてた本日でした、ってだけの記事です。サーセン。

 

読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

(追記)

読み返せば全てを一括りししているような書き方しちゃってるけど、決してそんなことはなくて、良き時代からずっと活躍しているアーティストはもちろん、アイドルとかはすごく日本的ですよね!よく考えればAKBの曲とかはいくつか覚えてます!(笑)

また、知らない曲も含めて現代の音楽を否定しているわけではないしどっちが良い悪いの話ではないですよ、とだけ付け加えておきます。

Copyright © 2017 ShiNOiSM All rights reserved.