シノイズム

考察,実業論,アイティー,ライフハック

はてなブログの効率的なレイアウトについて個人的にベストだと思う配置構成


f:id:shinosts:20150916153952j:plain

素材利用:Pixabay - Free Images

ブログのインターフェイスってけっこう悩みますよね?収益率や離脱率など、パーツの配置一つでけっこう変わってきますもんね^^;

今回は色々試した中で、はてなブログに限ってのベストな配置を書いてみたいと思います。あくまでも筆者個人の環境でのことなので全てのブログにベストだとは言えませんが、似た構成、運営趣旨の方には記事中一つぐらい参考になれればと思います。

 

 

 

Googleアドセンスの位置

これはもう皆さん当たり前に試行錯誤されていると思います。だいたいこの位置が平均的にベスト、とされる配置も定型化されていますよね。筆者ブログも色々場所を変えてデータとにらめっこしながら試行錯誤しましたが結局はそれに準じた配置に落ち着きました。諸先輩方の残してくれるデータって偉大ですよね^^

 

筆者は現在このコトノハノマイの他に

という3つのブログをこのはてなで運営させていただいております。

どのブログにもGoogleアドセンスを挿入させていただいているのですが、はてなブログに関しては定型化された挿入箇所に少し工夫がいるな、と思います。理由としては

はてなブログはアドセンスの読み込みが遅い

というのがあります。(え、遅いですよね?気のせいじゃないですよね?)

 

特にスマホページは遅いですね。回線環境にも左右されるとは思いますが、どっちにしても遅いのは間違いないと思います。

遅いとどうなるかというと、タイトル直下の広告が表示される前にスクロールされるので見てもらえない、ということになります。ご丁寧に広告が表示されるまで待つなんて人はいないだろうし、表示されるまでに導入部を読んで本文までスクロールしてしまいますよね普通。今やスマホでの観覧がアクセスの多くを占める状況においてこれはかなり深刻です。ではどうするのかというと

続きを読む直下にもアドセンスを入れる

になるんですが、これも定型化された挿入位置ですよね。ですが、はてなブログにおいてはこれも微妙なんですよね。

アドセンスを読み込む前に導入文を読み終わって本文に到達してしまうからです。

個人的には導入部も含めて記事中に広告を入れたくはないんです(美しくないしユーザーフレンドリーではない)。

ですが、はてなブログに限ってはどうしても記事中に入れないと収益化が弱まるんですよね。PVが10倍以上になれば別でしょうけど。なので、現状は記事中に入れさしていただくとして、どう読み込みの遅さに対応するのか。

導入部を長めに取る

画像と文章でできるだけ導入部のストロークを長めに取ってアドセンスが表示されるまでの時間を稼ぐ。これしかないですよね。

もちろんそのために無意味な文章を長々と入れては離脱に繋がるので意味がありません。あくまでも、必要な文章である必要があります。テーマによっては導入部の文量が必要ない場合も多々ありますので、その時は諦めるか、本文途中に差し込むか、になりますね。

ですが、「導入部をしっかり書く」というある意味当然の意識を持てるので、本文へ興味を持ってもらい、冒頭での離脱率を下げるという効果もあります。

 

ちなみになんですが。

広告の明示としてよく使われる「広告」「スポンサーリンク」などのラベル、これは必須ではないと筆者は解釈しています。ポリシーでは広告ラベルをつけるよう義務づけた文言はないですし、「広告ラベルをつけるならこの文言にしてください」というものです。むしろ、広告をアピールすることを禁じているので、ラベルをつけることはどちらかというと推奨されないのでは?とすら思っていますが他のブロガーさんの解釈はどうなのか気になるところです。

Facebookページプラグインを表示する位置

これもブログ運営には今や重要なファクターですよね。ページへのいいね!が通知機能を果たすのでぜひとも導入したいところですが、みなさんはどの位置に置いているでしょうか?筆者管理ブログでは日刊オレラ沖縄ライフログで導入していますが、どちらもサイドカラムの一番上に設置しています。

スマホページでは記事末になっていますが、これは冒頭の読み込みを少しでも軽減するためであり、本来は記事冒頭に配置したいです。

話戻って。なぜサイドカラムの一番上か、ですが、これは単純に目立つから押してもらいやすいというのもありますが、冒頭部で視界に入っても離脱にはつながらないものだからです。(クリックしても別ページに飛ぶことはない)

例えば下部に配置していたら、途中で離脱されたら気づいてもらえないですしね。(そもそも離脱する程度のブログにいいね!をするかと言われれば微妙ですが)

これは主観ですが、Twitterのフォローや読者登録よりも「いいね!」って気軽にやっちゃう気がするので、例え記事がその人には響かなくても「いいね!」はしてくれる場合もあるので、とりあえず押しやすい場所に設置する方がいいかな、と。

 

読者登録ボタンの位置

これも主観ですが、読者登録って、ある程度響く記事、気になるブログ、じゃないとしない傾向にあると思うんですよね。自分がそうですし。

なので、ある程度読んで気に入ったら読者登録、というタイミングでボタンがあれば登録してもらいやすいのかなーっと思いますので、うちの場合はサイドカラムで丁度本文途中あたりに来るような場所に配置しています。

タイトル見てとりあえず登録しておこうという人もいるのでタイトル直下へも設置し、記事を読み終わって気に入っていただいた方にも目につくように記事末にも配置しています。しかしこのコトノハノマイはシェア数やPVのわりにはあまり読者登録してもらえないんですよね...(´・ω・`)理由は解っているんですが

よければ読者登録お願いします!

 

Twitterボタンの位置

これも、読者登録ボタンと同じです。

 

他記事、他ページへのリンクの位置

注目記事、最新記事、カテゴリー、他ページへのリンクなどですね。

これは単純に離脱に繋がるので、特に他ページへのリンクはできるだけ下部にくるように配置しています。注目記事などブログ内の他記事へは滞在記事やブログへの興味からの導線なので比較的上部でも問題ないかと思いますが、やはり離脱には繋がる要素なので、一番上にはしませんし、ブログ性質によって優先順位を決めて配置しています。

まとめ

ポイントは、見てほしいものだからといって上部に置けばいいわけじゃない、てことですかね。ブログのユーザーアクションって流動的なので、それに合わせた配置が重要なのかな、と思います。

とは言え、そうやって理屈で一生懸命考えてもなかなか結果に反映しないことも多いです。結局はどれだけ良い記事を書くか、これに尽きるのかもしれません。

ただひとつ言えることは、

コトノハノマイも読者登録お願いします!

ってことですかね(笑)

センシティブな話題が多いことに加え、取っつきにくいアイコンなので当然っちゃ当然ですが、ただの天邪鬼なだけでほんとはとってもナイスガイなんですよ?ナイスガイで検索したらそのうちトップに名前出るんじゃないかってぐらい。いや、ほんとほんと。

 

こんなこと言ってるからダメなんですかね。

 

 

 

ではでは、読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

↓お時間あればぜひこちらもご覧ください。↓

【SNS集客】facebook、Twitterなどでのブログ更新情報 「それ、効果、ありますか?」 - コトノハノマイ

堀江貴文氏 障害者差別発言騒動に見るTwitterの落とし穴を埋めるのは使用者リテラシー次第であるという話 - コトノハノマイ

Copyright © 2017 ShiNOiSM All rights reserved.